薄闇の彩

とある茶室の裏側で、ひっそりと佇む紫陽花一輪。
その彩は、薄闇を仄かに照らす灯りのようで。