緑の詩情

なにかこう、絵的というか詩的というか。
そんな緑の空間は、まるで時間が止まってるかのようで。