苔の衣を纏って

詫びとか寂びとか、そういう類の情景なんでしょうけど、
不思議と華やかさを感じた苔錆の情景。