滲みゆく叙情

西の空が焼けて染まって、じわりと滲んでゆく叙情。
少しセンチメンタルすぎるから、街灯の華やかを添えて。