薄暮の淡紫

行灯に火が灯りはじめた頃の雰囲気が好きです。
淡い紫色は官能的で、思わずドキドキしてしまったりして。