エンドロール

蓮池のドラマは終わりを迎え、エンドロールが流れる時間。
静寂の色に包まれながら、黄昏の余韻に浸りながら。