追懐の情景

今年も同じところで、同じように撮りながら。
そしてまた、あのときの気持ちを思い出しながら。