残る彩

冬の冷たさも嫌いではないのだけれど、
暖かさを感じられる彩をもう少しだけ。