淡紫の心象

心に描いた秋桜の風景は、あわいあわい紫色。
薄暮の頃の雰囲気がそうさせるのか、虫の音のメロディに酔ったのか。