光の魔法

魔法がかかるその瞬間を待っていました。
誰もいない植物園の通路に腰をおろして、ず~っとず~っと待っていました。
魔法使いは気まぐれで、魔法をかけてくれないことだってあるのだけれど、空を見上げて祈ってみました。

願いは届きました。
やぶ蚊に刺されまくった足と引き換えに(笑