陽炎のシクラメン

狭い通路にしゃがみ込んで、望遠ズームを覗く至福の時間。
たとえヘンな人扱いされようとも(笑