VSCO Film を使ってみよう

投稿日:

そういえば、以前の記事でこんなことを書いたのですが、サンタさんは来てくれないしヘソクリはなかなか貯まらないしで忘れかけていたところにコレです。

VSCO Film® 00 Free Starter Pack

早速ダウンロードして使ってみました。


パッケージの中身は? 

00で使えるフィルムの種類は以下のとおりです。

【Kodak TRI-X-1】
 - / + / ++
【Kodak TRI-X+1】
 - / + / ++
【Kodak TRI-X+2】
 - / + / ++
【Kodak TRI-X+3】
 - / + / ++
【Kodak Gold 100】
 - / — / + / + Alt / + Alt 2 / + Soft Highs / ++ / +++ / Contrast + /
 Cool / Cool + / Portrait / Vibrant / Warm / Warm +

実質、カラーとモノクロが一種類ずつ。
あとは微妙にパラメータが違うプリセットが選択できるようですね。
もうちょっと欲しかったところですが、無料ということでヨシとしましょう。
あと、Lightroomでしか使えないということですので悪しからず。



Kodak Gold 100 を使ってみたよ 

5866
5861
5858
かなりの粒状感ですね。
それに、選択するプリセットによってかなり印象が変わるような感じです。
もう少し追い込みたいようであれば、Lightroomのほうの現像パラメータで微調整も可能です。



Kodak TRI-X を使ってみたよ 

5871
5863
5860
際立つ粒状感・・・とでもいうのでしょうか。
個人的にはもうちょっと抑え気味のほうが好みですが、これも微調整すればいいだけのハナシ。
ただ、粒状感に関しては、DxoFirmpackに軍配が上がりそうです。(これも好みですが・・・)



余った写真をギャラリーでどうぞ 



使う場面が限定されそうなプラグインですが、ハマれば面白そうですね。
ワタシはもうすでに、01と02が欲しくてたまらなくなりました。
サンタさんは当てにならないので、今度は4つの数字にでも賭けてみましょうか(笑

12

コメントを残す