フォレスターの記憶

ハスラーと生活するようになって一週間。まだ何かと違和感を拭いきれない日々が続いています。けれど、その違和感というのは、そのほとんどが好意的なモノで、決して否定的なモノではありません。フォレスターとの新生活を始めた頃のよう…

感傷に満たされて

結局、17年も付き合いましたからね。「新車だからテンション上がってるんじゃない?」とか言われても、今はまだ寂しさ100パーセント。 さて、ハスラー納車を明日に控えた夕暮れのひととき。フォレスターとのお別れの儀式に選んだの…

海岸線はセンチメンタル

走行中の音はだんだんと甲高くなってゆき、最近ではオーディオの音が聴こえづらいほど。フロントのウォッシャー液はボタンを押しても噴射することはなくなり、電動ミラーは動いたり動かなかったり。塗装の劣化は相変わらず。 18年目に…

夕立ちと琥珀色

今日の空は焼けるかも? なんて思っていた矢先の夕立ち。 かなり激しい雨粒が降り注いで、出掛ける気持ちも折れたりして。 けれど、雨あがりの美しさというのは格別で、アスファルトが雨に濡れる匂いだとか、ベランダの緑たちを飾る水…

帰省再び

つい一週間前に帰ったばかりのカエルさんの実家。 またまた帰省となりました。 「花火見るついでに寄らんかね?スイカがあるんよ。」 なんて言われたら、寄らないわけにはいきません。 そう、今宵はながはま赤橋夏まつり。 わずか1…

雑多な夕景

温泉マークがエロチックに光って、電線の混乱ぶりが面白くて。 たまにはこんな時間に街中を歩くのもいいかもしれません。

車窓から

夕景も夏っぽくなって来ちゃってさ。

輝く海と焼ける空

輝く海と鮮やかに染まる空の色。 これさえ見れれば、GWの目的の半分は達成したようなものなのです。 もちろん見る場所は決まっていて、そこから眺める海と空と山の風景がやたらと素晴らしくて。 カエルさんの実家にある、小梅の樹の…

年賀状、完成する

案外、するする〜っと完成いたしまして、しかも、けっこう満足度高い感じです。 この写真をベースに、いろいろと小細工を施しているのでお楽しみに〜。 ということで、あとは宛名書きとひと言メッセージを残すのみ。 元旦に着くように…