iPhoneのカメラアプリは「VSCO Cam®」がいい!!

投稿日:

みなさん、iPhoneのカメラアプリはなにを使っていますか?
ワタシは長〜い間、アッチへふらふら・・コッチへふらふら・・・と、定まることを知らなかったわけですが、コレを入れてからは、ず〜っとこのカメラアプリ一筋。

VSCO Cam®

AdobeLightroomやApertureのフィルムプリセット「VSCO Film」で有名なあのVSCO社が手掛けた、最高峰のカメラアプリ!!
と、それだけでも触手が動いてしまいそうですけど、さらに無料で使えるとなれば、これはもうダウンロードするしかないでしょう。(プリセットのアプリ内課金はありますが、デフォルトのままでも素晴らしいプリセットが入ってます!!)


撮影してみる 

まずは、撮ってみましょう。撮らなきゃ始まりません。
アプリを起動して、撮影画面へ。

001 002

撮影方法は、いたって普通。特別なことは何もありません。
ただ、シングルタップだとピントと露出を別々に決めることができませんので、ダブルタップして、ピントの位置と露出を決める場所を別々に設定するのがオススメです。
あと、ツールパレットを開くと、ホワイトバランスをロックしたり、ストロボの強制発光・発光禁止などなど、撮影を快適に行うための設定ができますよ。


画像を取り込んでみる 

もちろん、既存の写真も取り込むことができます。
これだけ素晴らしいプリセットフィルタがあると、過去に撮った写真も編集し直したくなりますもんね。

003 004

これも簡単。
ライブラリ画面(左)上部のデッカイ「+」をタップすると写真フォルダが開くので、そこから取り込みたい写真を選ぶだけ。
ちなみに、ライブラリ画面へいくには、右側の画像を参考にしてください。


編集してみる 

さて、いよいよ編集です。
編集したい写真を選んで、編集画面にいってみましょう。

005 006

編集画面。画面の下にプリセットが表示されていますね。「B1」とか「B2」というのがそうです。
無料のプリセットフィルタは9種類ですが、有料のプリセットフィルタも追加購入することができます。
プリセットを適用するには、気に入ったモノを選んでタップするだけ。簡単ですね。


007 008

実際に適用してみましょう。
今回は「P2」を選んでみました。インスタント風な色調がレトロ感を演出して、とてもいいトーンです。
「P2」アイコンをダブルタップすると、適用する度合いをコントロールすることもできますよ。


さらに編集してみる 

VSCO Cam® のプリセットフィルタは素晴らしく出来がいいので、ワンタップで満足する写真に仕上がることが多いのですが、「どうしてもココが気になる・・・」とか「もうちょっと詰めてみたい」という場合は、手動で調整してみましょう。

009 010

編集画面下の「▲」をポチっと押すと、4つのアイコンが現れます(画像左)ので、そこからスパナマークをタップして詳細編集モードに突入です。
調整できる項目は16種類。これだけあれば、事細かく調整できること受け合いです。
スライダを左右に動かしまくって、自分好みの一枚に仕上げましょう!!
ただ、いじり過ぎるとわけがわからなくなるので要注意。ほどほどにしておきましょう。


保存・シェアする 

出来上がった写真は、保存しなければいけませんね。
もしくは、シェアしてみんなで楽しむのもいいかもしれません。

013 014

Instagram や Facebook に傑作をUPして、みんなの度肝を抜いてやりましょう!!


総括 

VSCO Cam® の素晴らしさ、それは、写真の仕上がりが素晴らしいのは言うまでもなく、すべての操作が簡単で、且つ、直感的に行えるというところではないでしょうか。
やりたい作業を迷いなくスムーズに行える快適さ。しかも簡単、綺麗。さらに無料。
いやはや、いうことありませんね。
至高の一本。間違いなく、iPhone史上最強最高のカメラアプリです。(Android用もあるみたいです)
使ったことない方、今すぐダウンロード!ですよっ!!


Get it on Google Play


そして、最後にもうひとつ。
このアプリ、UIが限りなく美しいんですよ。

011 012

ボタンやアイコンのデザインや配色はもちろんのこと、こういったプリセットフィルタの紹介ページでさえ、ため息が出るほど美しい。
こういうのを見せられると思わず、「プリセット買っちゃおうかな・・・」なんて気にもなりますよね。
ご想像どおり、ワタシはほぼすべてのプリセットをポチってしまいましたが。
ええ、もちろん後悔なんてしてませんけどね。これっぽっちもww


8

1件のコメント 追加

コメントを残す