秋桜畑の好み

結局、今年の秋桜も見奈良で撮ったんですよね。
ビューパーク玉川が太陽光発電の施設になってしまってからココ一択。
・・・なんですけど、イマイチ気分がノらないというか、テンションが上がってこないというか。
なんでかなー? ってずっと考えてたんですけど、なんとなくわかったような気がします。
脇役の存在。
見奈良って一面の秋桜で、花以外のものがフレームインしないんですね。
夕暮れどきでカラーバランスが崩れるとかしない限り、変化に乏しいシチュエーション。
要するに、脇役がいないから主役を際立たせるような構図が作りにくいわけです。
ま、ヘタクソと言われればそれまでですが、ビューパーク玉川のあの雑然とした雰囲気が恋しくてたまりません。
どこかにそんな秋桜のロケーションってないですかねぇ。
それか、来年くらいに復活してくれるという奇跡が・・・起きないでしょうねぇ(笑

1

コメントを残す