夏の終わりの滑川渓谷

ここ最近、それなりに暑さも和らいできて、
「壊れかけのエアコンでもこの夏は乗り切れるんじゃない?」
などと思っていたところのこの暑さ。
今年もやはり、残暑厳しい感じなんですかねぇ?

ということで、エアコンの効きがイマイチイマサンくらいな家にいるくらいなら、
どこか涼しいところへ出掛けたいと思いませんか?
そこで思いついたのが、滑川渓谷。
風穴と迷ったのですが、おそらく向こうは人が一杯だと思いますので(笑

それにしても水が少ないですね。
いえ、急流なイメージは元々ないのですが、こんなに緩やかだったのかな?
確か、昨日の明け方に雨も降ってるハズなのに。
とはいえ、さらさらと流れる水音を聴いているだけで涼やかな気分です。
カエルさんはサンダルのまま川に入って気持ちよさそう。
ワタシは・・・こんなときにサンダルじゃないという間の悪さ。
ついでに、思いついたのが遅かったので、すぐに暗くなるといういつものパターン。
なので、写真も満足に撮れないままでしたが・・・。

それはそうと、渓谷には来るには似つかわしくない格好の10人ほどの集団を見かけました。
学生服で、全員が一眼レフを持って、滝の写真を熱心に撮ってましたね。
おそらく学校の写真部なのでしょう。
ほとばしる感性が爆発した写真、見てみたいものです。
けど、挨拶してすれ違うたび、みんながワタシを振り返って見るのは何故でしょう?
もしかして、全身水色でコーディネイトされた風貌が異様だったからですかねぇ(笑

8

コメントを残す