新年ドライブはマイントピア別子へ

投稿日:

1月2日はタモツ(中学時代の友人)とドライブ。ここ数年の定番ですね。
というわけで(?)、マイントピア別子。
あの・・・ほら、タモツが新居浜に住んでるってことで、これまではなるべく南予方面を攻めるようにしてたんですけど、さすがにもうネタ切れ。
「そうそう毎回じゃこカツを食いには行けないでしょーがっ!!」
「そんならどーする?」「じゃっ、東予方面でっ!!」
ってことで、ダーツが突き刺さったのが別子銅山ってわけです。

が、予想通りに寒い。
いや、予想以上に寒かったですね。
というか、雪ときどき猛吹雪。
そんな中、せっかく来たのだからと付近を散策。


端出場貯鉱庫跡

503_01
もう、雰囲気バツグン。
鉱石を貯める施設らしいのですが、『この壁の向こうには異形の何かが潜んでる』感がひしひしと。
悪天候と相まって、凄まじいほどの異世界感。
実際、この上あたりに登ろうとしてると、いきなり猛吹雪になってきてマジ怖かったです。
「これ以上立ち入るなっ!!」とか言われてるみたいで・・・。


旧水力発電所跡

503_02
今回、イチバン見てみたかった場所。
明治45年に完成して、当時としては東洋一の落差(596m)を利用して発電が行われていたらしいです。
内部には、ドイツのシーメンス社製発電機、フォイト社製のペルトン水車などが、当時の姿のまま残されているそうです。(例のPVでも見れますね。)
残念ながら中には入れないし、柵の外から外観を眺めることしかできないのだけれど、その存在感は圧倒的。(ちょっとローキーにしたせいもあるけど・・・)
廃墟マニアじゃなくても、写欲がフツフツと湧いてくるのでした。


第四通洞

503_03
坑道ですね。
赤煉瓦の廃れ具合がスバラシイです。
かなり奥の方まで続いてると思われるのですが、入り口で封鎖されていていました。
こういうのを見ていると、トールキンの世界を想像してしまいませんか?
坑道の奥底には、ドワーフたちが住んでいて・・・みたいな(笑


泉寿亭に山茶花一輪

503_04
離れというかなんというか、住友企業の接待館でしょう。
あまり興味はなかったけれど、冬のトーンに山茶花の彩は鮮やかですね。


後書き

結局、鉱山観光鉄道には乗らなかったので、中尾トンネルとか打除鉄橋(ピントラス橋)はよく見てません。
春になって暖かくなったら、そのときにまた・・・ということで。
え?も一回来るの??って、ホントは東平に行きたかったんですよね。
東洋のマチュピチュというのがどんなものなのか、愛媛県民としては知っておかなければ、と。
というより、ほら、このPVで見ちゃったから、興味津々っていうのもあってですね・・・。


って、結局、聖地巡礼じゃないか!!ってツッコミはさておき・・・
3月まで東平ゾーンへの道が通行止めらしいんですよね。
きっと、冬場は凍結やらなにやらでかなり危険なんでしょう。
ということで、3月になればリベンジ確定。
それまでに、どこをどう撮るかイメージトレーニングに勤しむことにしましょう。
それにしても、新年早々リサーチ不足も甚だしい感じでしたねぇ・・・
ある意味、安定の予定調和とも言えなくはないですけど(笑




マイントピア別子、東平に行けなくてもけっこう楽しめますよ。
奈々さんファンも、そうじゃない方も、みなさんぜひお越しください〜。

8

コメントを残す