散って魅せる鬱金桜

鬱金桜っていうんですね。
とある教会の敷地内で見つけたピンクの絨毯。
八重咲きの桜が散って落ちて、そして、敷き詰められる風景に出会いました。
目的地を目前にして、予期せぬ被写体。
あまりにも叙情的な光景に、しばしの足止め。
来年はもうちょっと早めに、満開の頃に来てみようかと思ったのですが、
この鬱金桜、咲き始めは黄色くて、散る間際にピンクに染まる花なんだとか。
そういうことなら、また来年も散る頃にでも。

6

コメントを残す