久万高原町で秋色散策

11連勤の果てにやってきた週末。
やっとくる休日に前日からドキドキして眠れない…なんてことはまったくなく、歳とるとやっぱり疲れがとれないってことを再確認してしまったわけです。

さて、そんな土曜日、10時前にボチボチと起きて、11時過ぎに愛車に乗り込んで向かったのは、紅葉が美しいハズの久万高原町。
もう終わっちゃってるかな?
なんてちょっと不安もあったけれど、ドンピシャの見頃を迎えてました。
鮮やかすぎるほどの紅葉を堪能しつつ、我らが製造課長にバッタリと遭遇、彼女と手を繋いで歩く姿に多少のギャップを感じたふるさと村。
水面に落ちた紅葉の色に心を奪われつつ、空腹のひもじさと戦った古岩屋。
帰りには、路肩にスタックした車に足を挟まれたおじちゃんを救出するというパプニングまで発生。
久しぶりの休日は、なにかとアクティブに過ぎていったのでした。

0

コメントを残す