なんとなく帰郷

17時02分。棚田ロケハンの帰り道、陽が傾きはじめた櫛生に寄り道したワタシとカエルさん。とくに用事があったわけではなく、近くに来たものだからなんとなく。赤橋近くのショッパーズで晩メシを物色して、たどり着いたのがこの時間。いきなり現れた娘と娘婿に驚きの表情を隠せないお義父さん。そんなに驚かなくても・・・と思ったのだけれど、何の連絡もナシに訪れるとそりゃビックリしますよね、スミマセン。一応、お義母さんのガラケーは鳴らしていたのですが・・・。


おはぎは大好きなんですよ。ショッパーズで買ってきた2個入りのおはぎを1個いただいて小腹を満たしたところではじまったのは、ハスラーの洗車。ここで洗車するといつも以上に綺麗なる気がするから・・・とかではなくて、「ドアに鳥のうんこついとる。洗う?」とカエルさんからのリクエスト。それにしても、ここで洗車するといつも以上に綺麗になる気がします。ピッカピカ。

ツツジは満開。オステオスペルマムは咲き始め。いつもの場所から見る夕景は、いつものように綺麗でした。そして、もの忘れが多くなったと嘆くお義父さんに、今までフツーに使っていたハズのビデオカメラの巻き戻しの仕方を教えて帰路についたのは20時過ぎ。松山に到着すると、21時を過ぎていました。スマンShow、ハラ減ってただろ? あ、そうそう、帰る時間が少し伸びたのは、「ブラタモリ」が面白くてなかなか帰れなかったというのが理由だったりするのですが、それはShowには言えない秘密のハナシ(笑

8

コメントを残す