清爽の一輪

蓮の花ならまたいつでも撮れると思っていたのですが、そんな考えは甘かったようです。 ぐんぐんと上がる気温と反比例して、ワタシの蓮池への気持ちは下がる一方。 ということで、この前撮ったモノの中から一枚。...

蕾の数だけ

いくら蕾が好きだといっても、毎年同じように撮っていたら飽きるでしょ。 なんて言われるわけですが、全然そんなことはないわけです。 むしろ、蕾の数に比例して、指先がレリーズする回数は多くなってゆき・・・。...

終わりの頃の佇まい

今年も時期をハズしてしまった紫陽花。 いろいろと訪れたい場所はあったのですが、気づけばもう終わりの頃。 けれど、色褪せてきた花の佇まいも決してキライじゃなかったりするのです。