鞆の浦でふぉんと萌え

先日、ふと思い立って、ふらり鞆の浦へと出掛けてみました。
到着したのは日が暮れる少し前で、散策する時間もあまりなかったのですが、古い町並みの景観を楽しむには十分でした。
内子とはまた少し違った雰囲気で、海沿いならではの開放感に溢れていたのが印象的。

そんな中、ワタシの目を惹いたのが薄紫の暖簾たち。
色褪せた質感はもちろんなのですが、暖簾に描かれた「ふぉんと」の素敵さといったらもう。
どれも素敵なのですが、「ルービヒサア」「ルービンリキ」のカタカナ書体に萌えてしまいますねぇ。

コメントを残す