渓谷の風韻

清流ハウスを抜けて、渓谷の入口。
橋を渡り切る手前で見渡した景色に心奪われて、思わず三脚を立ててしまったのでした。
雑然とした風景が、秋の色とりどりに染まる風情。
ふと気づけば、橋の後ろで待ち人がふたり。

コメントを残す