淡く暮れる元旦のソラ

特別な日の夕暮れは、いつもの場所でいつものように三脚を立てて。
しかし、淡く染まった元旦の夕空は、特別な感情とは無縁でいようとするかのように暮れてゆくのでした。
ただ、そんな淡い情景もわりと好きなんですけどね。

みなさま、あけましておめでとうございます。
今年も気ままに更新していくと思いますが、気長にお付き合いください。
ちなみに、朝陽はあまり好きではありませんので悪しからず(笑

コメントを残す