残る色

刻々と変化する夕暮れの空でしたが、最後に撮った一枚がお気に入り。
残る色の妖艶さ。
陽が落ちて数十分、空腹を我慢して待っていたのは、この情景を見たかったからなのでした。

コメントを残す