一喜一憂

こういうのは、ファインダーを覗いてるだけでやたらと楽しいんですよ。
ピントリングがいったりきたりで、一喜一憂。
結局、それはレンズの重さに腕が耐えきれなくなるまで続くわけでして(笑

コメントを残す