ぶらぶら歩きのその顛末

絶品じゃこカツで小腹を満たしたワタシとカエルさんですが、このまま家路につくわけがないですよね。
ここまで来たのだから、美しい夕景でも・・・と思うのは当然のハナシ。
そして、その昔Showを連れてよく訪れた思い出の海岸へ。
陽が落ちるまでブラブラと時間を潰していたのですが、ここで気づいたある事実。

「ココって、山に隠れて染まらないでしょ?」

さて、もう時間がなさそうなので、ダッシュでフォレスターに乗り込みます。
夕景が美しいロケーション、陽が暮れるまでに見つけられるでしょうか?

コメントを残す